ワーママデビュー

日々の事をてきとーに描いています。

このため多くの学校が保護者向けの文書を作り、児童や生徒に配布した。

 朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、滋賀県教育委員会が弾道ミサイル飛来時の対応について県立学校と各市町教委に通知を出したことに対し、全滋賀教職員組合などは27日、戦争の危機をあおり、子どもに不安を与えたなどとして三日月大造知事らに抗議文を提出した。

自分の身を守るしつけは必要です!災害・犯罪と同じ。共産脳には困ったもんだ。
小学生が「戦争が起こる」と泣きだした例があったとした。…実際にことが起きたら泣いて済まないことを教えないとね。文書の配布だけでなく訓練もすべきだ。震災でもあったが、こういう職業教師が子供達を殺す。外交努力を諦めないでほしいですね。。。ミサイル飛んで来ない保障あるのか?命を守る為には必要だと思うが?
教師ってこんなレベルなのか。これが子供に教えてる方が泣き出しそうだ(^_^*)これは問題ないでしょ。冗談抜きで危険な独裁国家が隣にあるって事を認識させるのは大事な事だよ全滋賀教職員組合は、万が一事が起きたときの児童生徒の被害を拡大したいのか?
いざと言う時に、デリケートなお子様の安全を確保する意味でも、現実は正しく伝えないといけません。知事が何もしなくて、もし滋賀県内で被害が出たら、知事が批判されます。難しい問題ですが、未来のあるお子様を守ることを、最優先でお願いします。

コメントは受け付けていません。