ワーママデビュー

日々の事をてきとーに描いています。

 それにしてもどうしてこれほどの逆転勝ちができるのか。

<広島11-5巨人(13日)>広島の絵に描いたような逆転勝ちは、9回無死から、今季無安打だった代打・松山が右翼席へ放った1号同点弾がきっかけだった。 緒方監督は、前日12日の試合で代打起用されながらも、相手の投手交代で“代打の代打”を送られた松山に対し「悔しさがあっただろうし、腹が立ったと思う」と胸中を察しつつ「何はともあれ1本出た。

なぜって強いからやろ(笑)Deファンやが勝てる気せんもん広島は頭ひとつ、ふたつ抜けてるわ
昨年から言える事だけど終盤まで負けていても もしかしたら? と、言う期待感があるこれが今年も続くとは 誰が予想しただろうか集中力と攻略対応能力全てが他球団より優れてる悔しいが現実最後まで諦めない。全力プレーを怠らない。エルドレッドも全力疾走。ピッチャーもフルスイング。アライさんもホームスチール。
観てても楽しそうにやってるからじゃない?ジョンソンだけが負けてあとは全部勝つなど誰が想像しただろうか、、
去年の結果から、「俺達は逆転できる!まだいけるぞ!」という気持ちと自信があるんだろうね終盤劣勢になっていても、選手達に焦りの顔が見受けられないこれだけ逆転勝ちが多いと対戦チームは終盤またやられるのではと恐怖感が生まれ、それが動きをぎこちなくしミスを誘発(昨日の9回の巨人のように)、結果として逆転につながる、ということでしょうか。

コメントは受け付けていません。